瞳と瞳で分り合える。そんな、特別な誰かに
きっと逢える。「遅すぎる事はないよ」って
声が聞こえる。あなたに、素敵な友が出来る・・・
     

もう1つの虹の橋の物語

天国と地上を結んでいる橋があります

その橋は自らのたくさんの色の為、虹の橋と呼ばれています

虹の橋の少し手前には、青々とした緑の谷や丘や草原があります

愛しい動物が死んだ時、動物達はここへ来ます

そこには、いつも食物と水があり、暖かい春のようです

年老いて衰えた動物達は、再び若者となり

病んだ者達も癒され、元気を取り戻します

そして、毎日元気に遊んでいます

でも、同じその橋のほとりには、様子の違う動物達もいます

彼らは、打たれ、餓えて、苦しめられて、愛されていませんでした

そして、友人達が1匹、また1匹と、特別な人と一緒に

虹の橋を渡るため、去って行くのを羨ましそうに眺めています

彼らには、特別な人が誰もいないのです

彼らが地上で過ごした時間は、彼らに誰も

特別な人を与えてくれませんでした

しかし、ある日、彼らが走ったり、遊んだりしていると

橋への道の傍に、誰かが立っている事に気が付きます

この人は羨ましそうに、友人達の再会を眺めています

何故ならば、生きている間に、この人は動物達と

暮らした事がありませんでした

この人は、打たれ、餓えて、苦しめられて、愛されていませんでした

この人が一人で佇んでいるのを見て、愛されたことがなかった

動物が、何故一人でいるのか、不思議に思って近付いて来ます

そして、愛されなかった動物と、愛されなかった人が

お互いに近づくにつれて、奇跡が起こります

何故ならば、彼らは本来一緒にいるように運命づけられていたのに

地上では出会うチャンスを持てなかった

特別な人と愛された動物だっらからです

とうとう、今、虹の橋のたもとで、彼らの魂が出逢い

苦痛と悲しみが消え去り、2人の友達が一緒になります

彼らは、共に虹の橋を渡り、2度と離れることはありません



英文でこのお話を見つけ、私の大切なお友達に
翻訳して頂き、私も少し編集しました。
お友達にはページを借りて改めて、お礼申し上げます。
ありがとうございました。

そして、全ての生き物が、虹の橋のたもとで
羨ましそうな顔をしないでも良い、世の中になる事を
心より願っています